地域美産研究会とは

日頃人々が生活する場に創り遺された地域の社会美産(*)たちを、専門家と一緒に現地に訪ね、歴史と文化、地域性や国際性、美や技、景色などの視点から眺めて味わい、地域の魅力を再発見・再評価します。
(*)社会美産と地域美産:パブリックアートの視点を拡げる為の新造語。

地域の魅力再発見・再評価を通して、改めてその土地ならではの歴史や暮らしに愛情・尊敬・誇りを感じ、心の充実安心を得て、自分づくり、家族との絆づくり、仕事づくり、会社づくり、街づくり、国づくりに役立つ何かを見付けながら、仲間達との交歓を楽しむ会員制非営利任意団体です。
会員入会者・催事参加者は、学生・社会人・各分野の専門家など時には外国人を含む幅広い人々が分け隔てなく参加して、各人ならではの参加意図に適った充足感を味わっています。

地域美産研究会は、街づくり景観づくりに関係する地方自治体や都市デザイン・アート分野の人々が集い活動した「パブリックアート・フォーラム」(平成6年∼13年、代表幹事(故)田村 明氏)を継承した会で、非会員の方々も活動に参加できます。

 

EVENT

北とぴあから飛鳥山公園をのぞむ

2017年05月10日

第114回

『洋紙のまち、王子を歩く』

1.開催趣旨 京浜東北線、王子。ここは渋沢栄一が洋紙の製造の重要性を認識し、「国家社会の為にこの事業を起こす」と明治6(1873...

浅間山との共生に学ぶ

2016年10月24日

第113回

『浅間山との共生に学ぶ』

今回ご案内する北軽井沢は、夏に賑わうリゾートの軽井沢とは趣が大きく異なっています。 浅間山は日本でも有数の活火山で、度々噴火...

岡本太郎と日本民家園

2016年08月29日

第112回

『岡本太郎と日本民家園』

岡本太郎は1911年(明治44)2月26日、漫画家岡本一平と歌人岡本かの子の長男として、橘樹(たちばな)郡高津村(現在の川崎市...